ESTAの申請方法

ESTAの申請方法

ESTAの申請方法

ESTAアメリカ

2010年9月8日より始まったESTA (Electronic System for Travel Authorization)は、その以前にビザなしでアメリカに渡航できていたVWP (Visa Waiver Program: ビザ免除プログラム)に参加している国を対象として施行されました。日本もこのプログラムに参加しています。アメリカへ90日以内の短期商用、観光目的で渡航する場合には事前に渡航者の情報をESTAのシステムに登録しなければなりません。これはVWP (Visa Waiver Program: ビザ免除プログラム)で渡航する方のみで、学生ビザで渡航する場合には必要ありません。

料金やお申し込み方法は在日アメリカ大使館のウェブサイトからご確認ください。

米国大使館ESTA(エスタ)申請公式ウェブサイト 

投稿者プロフィール

Yukio Sato
株式会社ロイス代表取締役
・American Learning Foundation Inc. (カリフォルニア州)
Student Advisor, Office Manager, Admission Office Manager(2002−2012)
・Saddleback College
Travel and Tourism Certificate Program修了(2002年)
・明治大学
文学部私学地理学科卒業(2000年)

日本で大学を卒業後に海外で働きたいと思い、ロサンゼルスの語学学校を経由してCollegeのCertificate Programを修了後に1年間の有給インターンで語学学校を経営するAmerican Learning Foundation Inc.へ。 その間に学校の業績を上げ評価された上司とともに評価され、労働ビザのサポートを会社から受ける。 日本人だけでなく他の国からの学生とのアドバイザーから始め、4校あるうちのひとつの学校の経営を任せられる。この間に学生ビザ取得アドバイスのみならず、学生から他のビザステータスの変更のアドバイス等、移民法に関わる複雑なアドバイスを行う。その後、留学エージェントとの窓口となるAdmission Officeの責任者となり、日本の留学エージェントのみならず海外の留学エージェントの開拓を行う。 その後、フィリピンのセブ島での語学学校設立プロジェクトに参加し、フィリピン留学にも精通する。そして自身で考えていた留学エージェントのあり方を実践するべく株式会社ロイスを立ち上げる。